Japanese edition of Vasari’s Lives

[日本語訳は以下をご覧ください.]

JUST PUBLISHED: the first volume of the first complete translation into Japanese of Giorgio Vasari’s Lives of the Painters, Sculptors, and Architects (Florence, 1568), a project co-sponsored by Villa I Tatti. A fundamental text for our knowledge of Renaissance art, Vasari’s Lives is now available only in old and partial translations. The new edition will be published, in six volumes, by Chuo-koron Bijutsu Shuppan (Tokyo). The first volume, including introductions and Lives from the Duecento and Trecento, contains Lives from Cimabue to Lorenzo di Bicci. Translations were carried out by specialists in Italian Renaissance Art who will also provided scholarly notes about the works cited and the historical context. Five editors supervise this series: Yoshiyuki Morita (Professor Emeritus, Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music), Michiaki Koshikawa (Tokyo University of the Arts), Noriyuki Kai (Ibaragi University), Kikuro Miyashita (Kobe University), and Mitsumasa Takanashi (Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music). The project is also supported by the Japan Society for the Promotion of Science, an affiliated body of the Japanese Ministry of Education, an independent administrative institution under the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

To order a copy of the volume from the publisher, please click here.

This project is part of I Tatti's efforts to support and promote Italian Renaissance studies in Japan and other areas that have been under-represented at I Tatti, and to establish valuable contacts with colleagues around the world. For a list of I Tatti lectures given in Japan, in May 2013, please follow this link.

 

新刊のお知らせ: ヴィッラ・イ・タッティが出版計画を支援しておりますジョルジョ・ヴァザーリ著『美術家列伝(画家・彫刻家・建築家列伝)』
(フィレンツェ、1568年)の、最初の日本語完訳版の第一巻が刊行されました。ヴァザーリの『美術家列伝』は、ルネサンス美術について知るための最も基
本的な文献ですが、日本語で参照できる翻訳は、かなり以前に行われた部分的なものにとどまってきました。今回の新訳は、中央公論美術出版(東京)から、最
終的に全六巻での刊行を予定しています。この第一巻には、序論と13―14世紀の芸術家たちの伝記(チマブーエからロレンツォ・ディ・ビッチまで)が収録
されています。翻訳はイタリア・ルネサンス美術の専門家たちが担当しており、本文中に引用された作品や、歴史的コンテクストに関する学術的註釈も付されて
います。本シリーズの監修は、森田義之(愛知県立芸術大学名誉教授)、越川倫明(東京藝術大学教授)、甲斐教行(茨城大学教授)、宮下規久朗(神戸大学教
授)、高梨光正(愛知県立芸術大学准教授)が行なっています。この出版は、日本政府文部科学省所管の独立行政法人である日本学術振興会からの助成も受けて
います。

本書を出版社から注文する場合には、こちらをクリックしてください。(link)

この出版計画に対する支援は、従来ヴィッラ・イ・タッティで必ずしも十分には実施されてこなかった、日本その他の地域におけるイタリア・ルネサンス
研究を支援・促進し、世界中の研究者たちと有益な交流を実現するための努力の成果の一部です。2013年5月に日本で行なわれたイ・タッティの講演会のリ
ストについては、こちら(link)をご覧ください。